第3回 2.11 和の国日本 建国記念の奉祝揮毫


令和2年2月11日(火・祝)


主催:和プロジェクトTAISHI


第3回 2.11 和の国日本 建国記念の奉祝揮毫 を、無事厳かに執り行うことが出来ました。
心よりお礼申し上げます。

<マスコミ各社へ>
このプロジェクトは全くの非営利活動で、お金は一切動いていません。特定の団体、組織、宗教との関わりもありません。 「以和為貴」(和を以て貴しとなす)の志に賛同した書家や仲間が集まって、このたびの奉納イベントは実現に至りました。
 
 
開催神宮
 
2020/2/20現在
神 宮 書 家 備 考
 伊勢の神宮 林龍峯 事前色紙奉納
 北海道神宮 山田起雲 開始11:00 場所:
 気比神宮 若凛 開始10:00 場所:
 熱田神宮 千秋育子 事前色紙奉納
 近江神宮 神田浩山 開始11:30 場所:
 平安神宮 竹本大亀 開始11:50 場所:
 伊弉諾神宮 天羽汕景林龍峯 開始09:00 場所:
 橿原神宮 脇田龍峯 開始15:30 場所:
 宇佐神宮 松本重幸松本啓夫巳 開始13:30 場所:
 霧島神宮 松田貴志 開始11:30 場所:
神宮ではございませんが、孝明天皇のご苦労を偲び、当日は孝明天皇を主祭神として祀る玉鉾神社でも、奉祝揮毫を開催いたします。
 玉鉾神社(孝明天皇 勅願宮) 揮毫: 小川澪月
献茶: 松浦宗礼
開始14:00
(神社式典後開催)

 ご不明な点はお問い合わせ願います。
 

【アーティスト】
葵太夫 上田ゆかり 大内千春 永田龍一郎 松浦宗礼 松原宏幸

【スタッフ】
相澤弘美 安部岳流 伊藤寒岳 小野寺貴美 樺井良祐 崔庸恵 三枝辰美 佐藤弥生 佐藤智子 須郷玉雪 須郷白雪 田中文樹 常盤悟 殿井尚 中垣幸宏 中村珠苑 西本成希 橋本佳子 林良 藤原和子 東啓治 東奈央 平田友美 三谷恵一 水本正翠 満留隆一 森克容 安田譲 山中優希夫 山田紫雲 Shiho Bach Sacha Bach

【マスコミ取材】
読売新聞 毎日新聞 中日新聞 京都新聞 県民福井 南日本新聞
毎日放送 テレビ愛知 福井放送 大分放送 南日本放送 鹿児島テレビ 鹿児島放送 知多半島ケーブルネットワーク 嶺南ケーブルテレビ


趣意文 
  平成31年、平成最後の建国記念の日を建国の慶祝と世界の恒久平和を祈り、「2.11和の国日本 建国記念の奉祝揮毫」として、上皇陛下への感謝の気持ちと共に、各神宮で奉祝揮毫を開催いたしました。
 令和2年は今上陛下におかれましては、最初の建国記念の日となります。そこで前回と同規模で奉祝揮毫を開催したいと願っています。
 そして、建国の精神に基づき、陛下が繰り返し述べられている「世界平和」のご意志を、書家による大書揮毫で表し、日本が世界にその存在感を発揮して、世界の恒久平和に貢献できますよう、奉祝揮毫を開催いたします。

和プロジェクトTAISHI代表
宮本辰彦
 
このたびの奉納揮毫にあたり

 「奉納」は感謝の気持ちを、神様へ捧げるためのものです。

 神社や神職への感謝、書家や演奏家への感謝、お手伝いして下さる方への感謝、声掛けをしてくれた方への感謝、橋渡しをしてくれた方への感謝等々。

 相互の感謝の気持ち。それが最高潮に達することで、神様への奉納の気持ち、感謝の心は作り上げられていきます。

 奉納はご神事です。したがってそこに神様が介在しています。つまり、 「2.11和の国日本 建国記念の奉祝揮毫」に関わる全ての方々は、ご神縁によって結ばれているということになります。ですから、互いに対する感謝は、そのまま神様に対する感謝でもあります。

 このたびのプロジェクトは各自の持ち出しであり、お金のやりとりが全くありません。代わりに互いに対する感謝の気持ちで成り立っています。つまり、「奉納の原点」に立ち返るということです。

 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
©2017 WA project TAISHI. All Rights Reserved.